Grand Master Challenge

〜関西ストリートファイター2Xイベント情報〜
 
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
[結果] 「長瀬杯04」
どうもお久しぶりです。だらです。
闘劇予選の以来の長瀬の大会です。闘劇一週間前ということで、サブキャラを入れた闘劇を意識した一人2on2の大会を開催しました。

[会場] : プレイスポットUFO(長瀬)
[日時] : 2007年08月05日(日) 
[方式] : 一人2on2トーナメント(キャラかぶり無し)
[人数] : 24人
[主催] : だら
[実況] : だら
[進行] : だら・ねこはし
[運営] : だら
[協力] : 長瀬UFO









【優勝】ねこはし(Xリュウ&Dベガ)


[コメント]
スト2をやってきて初めて結果を出すことが出来て嬉しいです!
これも普段から対戦してくれている長瀬勢の人達のお陰です。

また闘劇直前のこの時期に優勝出来たことは大きなプラスになると思います。
闘劇本戦でも勝敗に関係なく自分の力を出し切りたいです!

【二位】兄ケン(Xケン・Xバイソン)
【三位】シューティングD(Xリュウ・Dサガット)

[総評]
闘劇一週間前ということで、参加者には闘劇切符を持ったプレイヤーが多数いました。その中で優勝したのが、うちのスタッフの一人「ねこはし」でした。ここ一・二年長瀬でXをやりだして優勝ということで、友人としてはうれしい限りです。今回はハイパーでDベガを使っているのと、大会ルールが負けを許される2on2ということで、Xでの大きな大会で通用する力を身につけているかわからないですが、今後Xの大会での活躍を期待できる結果だったと思います。

二位と三位はハイパー闘劇予選の切符を持った「闘劇リベンジ」の二人、兄ケンとシューティングD。ねこはしに負けたものの、お互いが課題となるキャラを多数倒してのこの順位ということで、仕上がりは問題ないようです。本戦で今のような動きができれば、十分優勝を狙えるチームだと思います。

ということで、闘劇前の関西での今回で大会もコレで終了です。
現在の関西勢の仕上がりを見る限り、確実に優勝を取れるということは言えないまでも、闘劇予選をしていた頃よりは、関西の全プレイヤーのレベルは数倍上がっていると思います。ハイパーというゲームがX勢にどういうイメージを持たれているかわからないですが、ハイパーの闘劇のおかげでX勢のレベルが上がったことは間違いありません。これからハイパーを含めたX界がどういう動きをするかわかりませんが、今回の闘劇はX界に良い刺激を与えてくれたと思います。闘劇は誰が優勝するか予想がつきませんが、優勝するチームがが誰もが納得するプレイヤー達であることを(末端ですが)ハイパーの闘劇に携わった人間としては願っています。

そして、それが関西勢であれば、イベントスタッフとしてそれ以上の喜びはありません。

text written by だら
| 大会結果 | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
[結果]第1回 玉有vs玉無(12on12)
大会終了後にエキシビジョンとして団体戦を行いました。

[会場] : プレイスポットUFO(長瀬)
[日時] : 2007年08月05日(日) 
[方式] : 玉有キャラvs玉無キャラ
[人数] : 24名
[主催] : だら
[実況] : だら
[進行] : だら
[運営] : だら
[協力] : 長瀬UFO

今回のチーム戦のルールは特殊で、チーム分けは飛び道具を持っているキャラ(リュウ・ケン・ガイル・春麗・ダルシム・DJ・サガット)、飛び道具を持っていないキャラ(本田・ブランカ・ザンギエフ・ホーク・キャミィ・フェイロン・バイソン・バルログ・ベガ)で分けました。チームの順番は、このイベントの前に行った長瀬杯04での上位者をチームリーダーとし、そのチームリーダーが順番を決めていきました。



[総評]
今回のイベントは特殊なルールなので、キャラのばらつきがうまく行かずに開催できないかと思っていましたが、なんとか半々に別れることができ、チーム力も偏りにくく上手くチームわけが出来たと思います。
最初の方は玉無チームのコモダブランカが連勝を重ねこのまま行くかと思われていましたが、徐々に玉有チームが巻き返し結果的には玉有チームがシューティングDを温存した状態で勝利しました。今回は玉有キャラが勝利しましたが、スト2というゲーム自体玉有と玉無をチーム分けした場合どちらが勝つかわからないということが今回のイベントでわかりました。今回のようなイベントを今後開くかどうかわかりませんが、今回のイベントは試験的な意味でも成功したので、何か新しいイベントを考える上での参考にしたいと思います。

text written by だら
| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |