Grand Master Challenge

〜関西ストリートファイター2Xイベント情報〜
 
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
[形式] タイマンガチイベント
■基本ルール

[その1] : キャラ選択
キャラは固定です。最初から最後までそのキャラでやっていただきます。

[その2] : スピード選択
まずジャンケンをしていただき勝った方が1戦目のスピードを選択できます。スト2Xがイベントモードが無いため最初のスピード選択がそのまま次の対戦に継続されるので、プレイヤーによってはスピード選択は重要な要素といえるでしょう。その後は勝った方にスピード選択権が移動するため、そのプレイヤーがスピードを選択していただくことになります。

[その3] : 筐体の交代
20戦ということで、10戦ごとに1P・2Pの入れ替えを行います。

以上のルールが基本ルールとなっております。タイマンするプレイヤー同士で特殊なルールを決める場合がありますが、基本的にこのルールでやらせてもらいます。
| 大会形式 | 03:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
[形式] 勝ち抜き方式
勝ち抜き方式の説明

■基本ルール

くじ引きで選ばれたプレイヤー同士がまず対戦を行う。
そして、その対戦で勝ったプレイヤーはそのまま筐体に残り、くじ引で選ばれた次のプレイヤーが乱入する。それを繰り返し連勝数で上位3名を選び決勝リーグをするという方式です。
最初に、エントリーしているプレイヤーはそれぞれライフを2個もらう、一度負けた場合でも次に連勝し上位3名に入れば決勝リーグへ上がることができる。しかし、2回負けた場合はその場で終了となる。この方式で注意してもらいたいのが、競い合うのは連勝数であって勝ち数ではないこと。

例えばAというプレイヤーが1回目のチャレンジで10連勝し、2回目では1勝もできずに終わった場合その人の連勝数は10とカウントされる。そして、Bというプレイヤーが1回目のチャレンジで3連勝し、2回目のチャレンジで8連勝したとする。この場合は勝ち数が11であっても連勝数は8としかカウントされない。上記の場合、AプレイヤーがBプレイヤーより上に立つことになる。

■特殊条件下でのルール

『2順目の最後のプレイヤーが連勝を始めてしまった場合』
10人エントリーしている大会だった場合、2順目の最後のプレイヤーが連勝スタートしてしまったとする。その場合は、そのプレイヤーが負けるか、上位3位に入るまで対戦(3順目)を行う。

『1人のプレイヤーが2順目終了まで全勝した場合』
そのプレイヤーを除いた状態で1順だけ勝ち抜き方式を行う。

『TOP3が4人以上でてしまった場合』
同率の連勝数同士が決定戦を行い勝者が決勝リーグに上がる。
| 大会形式 | 02:54 | comments(0) | trackbacks(0) |